SponsoredLink

自動車の自賠責保険と任意保険

自動車保険には2種類あります。自賠責の自動車保険と任意の自動車保険です。自賠責の自動車保険とは、加入が義務づけられているもので、運転者は必ず加入しなければならない自動車保険です。自賠責の自動車保険は、強制保険とも呼ばれています。


自賠責の自動車保険は、正式には自動車損害賠償責任保険と言います。これは交通事故の被害者が最低限の補償を受けられるように、国が始めた自動車保険制度です。公道を走る車・バイクはすべて、この自賠責の自動車保険に加入しなければなりません。


しかし、この自賠責の自動車保険はあくまでも最低限の補償を目的としているため、補償には限度があります。また、自分や同乗者の補償もありません。その部分を補填してくれるのが、任意の自動車保険ということになります。


任意の自動車保険とは、いわゆるテレビのCMなどでもよく見かけるあの自動車保険のことです。加入の義務付けこそないものの、万が一の時のことを思えば、任意の自動車保険へ加入しておくことは、当然のようになっていますね。


自動車がある生活は、とても便利なものです。楽しいカーライフを送るためにも、自賠責の自動車保険と任意の自動車保険の両方を、まさかの時のためにしっかりと備えておきたいものですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/64294437
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。