SponsoredLink

自動車保険任意と自賠責カテゴリの記事一覧

自動車の自賠責保険と任意保険

自動車保険には2種類あります。自賠責の自動車保険と任意の自動車保険です。自賠責の自動車保険とは、加入が義務づけられているもので、運転者は必ず加入しなければならない自動車保険です。自賠責の自動車保険は、強制保険とも呼ばれています。


自賠責の自動車保険は、正式には自動車損害賠償責任保険と言います。これは交通事故の被害者が最低限の補償を受けられるように、国が始めた自動車保険制度です。公道を走る車・バイクはすべて、この自賠責の自動車保険に加入しなければなりません。


しかし、この自賠責の自動車保険はあくまでも最低限の補償を目的としているため、補償には限度があります。また、自分や同乗者の補償もありません。その部分を補填してくれるのが、任意の自動車保険ということになります。


任意の自動車保険とは、いわゆるテレビのCMなどでもよく見かけるあの自動車保険のことです。加入の義務付けこそないものの、万が一の時のことを思えば、任意の自動車保険へ加入しておくことは、当然のようになっていますね。


自動車がある生活は、とても便利なものです。楽しいカーライフを送るためにも、自賠責の自動車保険と任意の自動車保険の両方を、まさかの時のためにしっかりと備えておきたいものですね。

任意の自動車保険は欠かせない!

自動車保険には、自賠責保険と任意保険という2種類の自動車保険があります。自賠責の自動車保険は加入が義務付けられているいわゆる強制保険で、逆に任意の自動車保険は加入の義務はなく、文字通り任意で掛けることになる自動車保険です。


では、強制加入の自賠責の自動車保険さえ入っていればいいかと言うと、そうとは言い切れません。自賠責の自動車保険はあくまで最低限の補償をするための自動車保険です。それも、事故の相手が怪我や死亡したときのみの対人補償なのです。


おまけに自賠責の自動車保険は最低限の補償をするためのものなので、相手にも十分な補償をできるとは限りません。もちろん、自分や同乗者への補償はありません。そこで、必要になるのが、任意の自動車保険なんです。


加入の義務付けこそない任意の自動車保険ですが、任意の自動車保険に加入することは、ある意味ドライバーとしてはマナーとも言えると思います。万が一事故を起こしてしまうということは、誰にでも起こりうることです。任意の自動車保険をかけてなかったと後悔しても、その時ではもう遅いのです。


任意の自動車保険は、色々な補償・サービスがあります。自動車保険料にしても、様々です。万が一のために、自分にあった自動車保険、自分に必要な自動車保険に加入しておくことが必要かと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。